Sidebar
Menu
Facebook  Mixi  Twitter  Blogger
ScrollButton
slide_image

人は何のために生きるの?

slide_image

私は本当に尊いのですか?

slide_image

どんな宗教でも同じではないですか?

slide_image

聖書は本当に信頼できますか?

slide_image

「ゴスペル」って何ですか?

slide_image

神がおられるとどうしてわかりますか?

slide_image

神様が愛なら、どうして・・・?

slide_image

宗教を信じるのは弱い人間ですか?

slide_image

教会で聞く「罪」とは何?

slide_image

聖書が教える人間とは?

slide_image

十字架には何か意味があるのですか?

slide_image

信じるだけで救われるのですか?

slide_image

クリスチャンとはどういう人ですか?

slide_image

クリスチャンになってからどうなる?

slide_image

教会はどういうところですか?

slide_image

祈りにはどういう意味がありますか?

slide_image

キリストの復活は事実ですか?

slide_image

天国は本当にありますか?

ScrollButton
キリスト教についての疑問12
質問
信じるだけで救われるのですか?何もしなくても、本当に信じるだけで天国に行けるのですか?
応え
私は以前、ドイツで生活をしている時、辞書には載っていない単語をよく使っていました。その一つに、「ヤイン」ということばがありました。これは「はい」という意味の「ヤー」と、「いいえ」という意味の「ナイン」の合成語です。何か質問された時、「ヤー」とも「ナイン」とも返事ができない場合に、「ヤイン」と答えるわけです。日本語なら、「はいえ」でしょうか。

そこで、この質問にも、「ヤイン」とお答えするほかありません。確かに「信じるだけで救われる」のですが、たれと何をどう信じるかが問題だからです。ある意味で、救われることは簡単なことのようですが、罪深い私達が救われるのは、真の神のとても大きなお働きがあってのことです。もちろん、私たちのりっぱな行ないによるのではなく、信じるだけで天国に行けます。しかし、天国で永遠に生きる人は神に本当に喜ばれる人だけなのです。

真の神の救いとは、聖であり愛である神と、神の子どもとされた人々とが、永遠に罪のないきよい神の国で、真実で完全な愛の交わりの中に生きることです。決して、自分だけが多くの祝福の中で、いつまでも幸せに生きるということではありません。

考えてみてください。「私は神が永遠のいのちを与えてくれるなら、神を信じてもいいけれど、神を愛して従うつもりはない」と言う人が、神の国で生きることができるでしょうか?自分の幸福を先に考えて、他の人を大切にしない人たちばかりがいるなら、そこはもう、愛と平和、喜びと祝福に満ちあふれた天国ではありません。

神の国で生きるのにふさわしい人とは、罪が一つもないというだけの人でなく、「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」と、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という、最も大切な神の命令(マルコの福音書12章30~31節)を、いつも完全に行うことができる人です。

もうおわりですね。結局、イエス・キリストのような人だけが永遠の神の国に入ることができるのです。そして事実、神はキリストを復活させ、神の国に迎えられました。

どうでしょう、あなたは聖書の神の命令を全部行なう罪のない人になれますか?あなたは自分で努力すればキリストのような愛の人になれると思いますか?いつでも心から神を愛し、隣人を自分のように愛して生きることができますか?私たちはみな罪深
い人間ですから、自分ではキリストのようには絶対になれません。それどころか、真の神を敬わず、信頼せず、愛して仕えようともせず、神や隣人よりも自分を大事にし、神の願いに反して自分勝手に生きているのが現実です。もし「良い行ない」をしたとしても、神と人への真実の愛から出たものではなく、結局は自分のためのものなのではないでしょうか。

ですから、私たちはまず、神と隣人と私たちとが心から愛し合う、愛の神の永遠の国で生きることが本当の救いであることを認めましょう。そして、神が「行ない」によってではなく、「恵み」によって、この本当の救いを与えてくださることを信じましょう。

第二に、自分が神の前に罪深い自己中心な人間であり、神のみことばに逆らって生きていることを認めましょう。そして、愛の神が、私たちのすべての罪を、キリストの十字架の恵みによってすでに赦していてくださることをい信じ、神に感謝しましょう。

第三に、自分を、神と人を心から愛せる、神の国にふさわしい者に造り変えてくださるように、神に願いましょう。この世の人生では、いのちを捨てて敵をも愛するキリストのような完全な愛の人にはなれませんが、聖書は私たちを、豊かな愛の実を結ぶ「小さなキリスト」として成長させてくださいます。

第四に、自分の欲望や自分中心な考えによる生き方を捨てて、神のみこころとみことばによって生きる新しい生き方を身につける歩みをしましょう。生まれつき持っている罪の性質(原罪)をなくすことではなく、神から与えられた神の子どもの性質を育て、神の子どもらしくなっていくことに励みましょう。

第五に、神がキリストを死の中から復活させられたように、私たちをも永遠のいのちと体を持ったキリストのような栄光の姿へと復活させてくださることを信じましょう。神が聖霊によって、私たちの罪の性質(原罪)を取り除き、キリストに似た者、完全な愛の人に完成してくださって、私たちを愛の神の永遠の国に迎え入れてくださるのです。

真の神が、私たちをイエス・キリストのように神と人、敵をも愛する者に造り変え、永遠の神の国で、愛と祝福の中に生かしてくださるという驚くべき救い。これは、自分の罪深さと弱さを認め、三位一体の神が必ず救ってくださると信じるほかない救いなのです。

後藤喜良著「キリスト教 ここが聞きたい! Q&A 21」(いのちのことば社)より抜粋