Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

アクティビティーの紹介、信仰のお話、教会スタッフのおたより
* 私たち教会のFacebookページもご覧ください。

防災/減災セミナー Disaster Prep Seminar

(English follows below)

7/19の礼拝は、CRASHジャパンのスタッフ、栗原先生が来てご奉仕くださいました。そして、日曜学校の時間に「防災セミナー(1)」、礼拝のメッセージ、午後から「防災セミナー(2)」の3回、みことばを通し、また防災の観点からのお話を聞くことができました。

東日本大震災、その後、関東〜東海地方での地震や火山活動が活発になっています。震源地が遠い場合、また首都直下型地震の場合、首都圏の受ける災害の大きさや種類は違ってくるでしょう。そのようなことを、いろいろな角度から具体的に教えていただきました。「災害に対する備え」の重要性を実感すると共に、「実行」するための知恵、忍耐、力を受ける祈りが必要だと思います。

<普段からの心がけ>
*想像力を働かせること。
*日常的にやっていることでなければ、非常時にできるわけがない。
*「歩ける距離」で、「顔の見える」防災コミュニティーを建て上げること。

<クリスチャン/教会としての心構え>
*自分が助かるのは、隣人を助けるため。
 →被災すると、普段では考えられないことが起こってくるので、とにかくまず自分を守るという意識、そしてそれを隣人を助けるために用いていく、という意識が大事。
*近くの教会とのネットワーク作り
 →1つの今日教会だけではできないことも、ネットワークの中で可能になってくる。

この他にもたくさん学びましたが、「普段から」の備えと祈りを大切に、また継続していきたいと思います。

災害時の被害をゼロにすることは無理です。でも、被害をより少なく、より小さくする工夫と備えは可能です。教会と、教会の置かれているコミュニティーを守り、仕えるために、どのようなことができるか、何をすべきか…。大きな祈りであり、課題です。

私たちを守ってくださる力のある神様に信頼すると共に、私たちができることを考え、その備えをすること。本当に大切な2つのポイントです。

栗原先生、丁寧な説明、またたくさんの良い気づきを与えてくださって、ありがとうございました。

Today we welcomed Kurihara-sensei of CRASH Japan and Campus Crusade for a seminar on disaster readiness. The 311 tragedy and recent volcanic activity in Japan has made us more aware of the need to be prepared for an earthquake/tsunami event that could affect large parts of Kanto.

Completely avoiding a disaster may be impossible, but it is good to consider how to reduce the size of the disaster in its affects on human lives through good preparation. Also, how we might serve both our church and community in the wake of a disaster.

Ultimately, we trust in the Lord for life and wellbeing, but we also prepare where we can. Thank you, Kurihara-sensei, for your good advice today.
Denen Blog

東北の支援 Relief Trip to Miyako

(English to follow below)

10/24-26の3日間、田園グレースチャペルより6名のメンバーが参加し、岩手県の宮古市に、被災地支援に行ってきました。教会は、岩手県「311ネットワーク」とのパートナーシップを持っています。今回も、宮古コミュニティーチャーチの岩塚先生、また教会の方々と共に、支援活動をしました。

宮古では、2つの仮設を訪問しました。午前中の仮設では、Uさんのお習字講習(聖句写経とお習字)、ケビン先生の紙芝居つきショートメッセージの他、タコスライスとミネストローネのランチを準備して、交わりの時を持ちました。午後に訪問した仮設では、同じようにUさんのお習字講習の他、岩塚先生のギター&仮設に住む方のウクレレ伴奏による「カラオケ大会」も同時進行?! 小さなお子さんも2名参加してくださって、お茶をいただきながら和やかな時間となり、喜んでいただけて感謝でした。私たちも、仮設の方々の現状に触れて、その大変さに心痛みつつも、皆さんの笑顔やお話に励まされてきました。

日曜日は、宮古コミュニティーチャーチで礼拝をささげました。ケビン先生の聖書のお話、そして参加メンバーによる特別賛美「主われを愛す」の御奉仕をさせていただきました。岩手県に引っ越されたCさんご一家も宮古まで来てくださり、ご主人が特別賛美に加わってくださって嬉しかったです。そして、私たちの小さな御奉仕を神様が祝福し、教会の方々の励ましの為に用いてくださったことをお聞きし、私たちをも、ご用の為に用いてくださる神様に感謝しました。交わりもとても楽しかったです!

被災地の方々の現状は、本当に大変なこと、不安なことがいっぱいです。教会として、これからも東北の為に祈り、私たちにできることをしてサポートできればと思います。

宮古の皆さん、お世話になりました。神様からのたくさんの祝福と恵みを分かち合うことができ、本当に感謝でした。ありがとうございました!

Six of us from Denen Grace Chapel spent three days in post-tsunami relief work in Miyako, Iwate prefecture. Once again, we worked in partnership with the 311 Network and Miyako Community Church. Mrs. U shared here calligraphy skills, leading two classes in two separate temporary housing areas. Participants enjoyed writing Bible verses and simple Japanese characters. We shared a delicious taco rice lunch with our team prepared.

In addition, we spent Sunday morning at Miyako Community Church. Pastor Kevin preached a message, and the team shared a special song. Pastor Iwatsuka lead us on a visit to the scenic shore of Taro, the fishing port, and the seawall broken by the tsunami.

We continue to pray for the ongoing Christian testimony shown in the temporary housing areas through the work of many volunteers, both in Japan and from abroad.
Denen Blog

被災地支援のビーズ Beads for Tohoku

It was a great teamwork effort by church people last Sunday to prepare bead presents for Tohoku. Really looking forward to bringing these to residents in temporary housing as part of individual Christmas presents! Thanks for your careful and beautiful work, everyone!

8月24日の礼拝後、教会メンバーの有志で、ビーズ作りを楽しみました。と言っても、趣味の集まりではありません。東北被災地の方々への、クリスマスプレゼントとしてお送りする為のものです。でも、「作業」というより、ほんとに楽しい
ビーズ作りの時間となり、作る楽しみ、一緒に作っている方々とのおしゃべりを楽しみ、
また、それぞれに作り上げたものをほめ合う楽しみの時となり、とても恵まれた午後のひとときでした。

作ったものは、ビーズのクリスマスツリー、クリスマスリースと、メガネにつけるかざりひも。もっとたくさん作って、被災地の皆さんにお届けできるよう、引き続きビーズ作りをがんばっています。

Denen Blog

Taro/Miyako Work 被災地支援

(Scroll down for English)

9/17-19の二泊三日で、田園グレースチャペルから、3名のメンバーが被災地支援に出かけました。今回は、栃木県の教会メンバーの女性も1人、現地で合流し、チームとしては4名で支援活動を行ないました。場所は、岩手県の宮古/田老地区。以前にも、支援に伺った場所です。この支援は、宮古コミュニティー教会と、311ネットワーク、そして田園グレースチャペルの協力で行ないました。

仮設住宅に住む皆さんに、カフェでくつろぐ時間を持っていただけるといいなということで、今回も「モバイル・カフェ」を行ないました。69の仮設住宅に、多くの方々が住んでいます。チームメンバーは、2つの仮説住宅地で活動しました。

現地に到着し、まずは仮設住宅を訪問して、教会メンバーが準備した小さなプレゼントとみことばと祈りの書いてあるカードをお渡しし、モバイル・カフェのお誘いをしました。そしてサンドイッチやポテトチップスなどの軽食、アイスコーヒー、かき氷、おやつなどを準備しました。また、来てくださった方々とお話しすることも、大事な支援活動の一つ。皆さんのお話に耳を傾け、いろいろなお話を聞いてきました。

今回のモバイル・カフェのハイライトは、イギリスからボランティアで来られた、ハープ奏者のキャサリンさん。美しいハープの演奏は、聴く人々の心に感動を与えました。又キャサリンさんは、日本の歌も勉強し、「ふるさと」や「北国の春」など、みんなで歌える曲の伴奏もしてくださったので、一緒に歌うことができてさらに感動が増しました。そして、有名な讃美歌「アメージング・グレース」や「いつくしみ深き」なども一緒に歌い、心あたたまるひとときとなりました。

モバイル・カフェに参加してくださった皆さんは、とても楽しそうにして、チームの準備した軽食やコーヒー、交わり、ハープの演奏と歌を喜んでくださいました。まだまだ先が見えず、不安や心配、そして痛みの多い被災地での生活が続きますが、チームの訪問とちょっとした支援を通し、イエス様の愛と恵み、また励ましを感じることができたことを祈ります。これからも、教会として被災地の方々を覚え、祈り続け、神様が示してくださる私たちにできる支援をし、共に神様の愛と恵みをいただくことができるように祈っていきましょう。

Three of us from Denen Grace Chapel joined others from Ooyama Christ Church and local staff for three days of relief work in Miyako and Taro in Iwate prefecture (9/17~9/19). We worked under the ministry of Miyako Community Church and the 311 Network.

Once again, our focus was providing "mobile cafes" in the temporary housing areas. There are 69 locations of temporary housing with thousands still living in these places. We visited two locations during our time there.

When we arrived at the temporary housing location, we set up our cafe in the community room. Then, going door to door, we invited the residents to come and distributed some snacks or small gifts. We prepared a light meal that was waiting for them in the cafe: sandwiches, corn and potatoes. We served ice coffee and, as a special treat, shaved ice. When we weren't serving, we sat with the residents and listened and chatted with them.

We had a bit of a music program as well. This time we were joined by a talented harpist from Britain, who performed several folk songs as residents sang along. We also led them in some familiar hymns: "Amazing Grace" and "What a Friend We Have in Jesus."

Many of the residents really enjoyed this time of eating, talking and singing together. Their circumstances continue to be a challenge to them, but we pray that we were able to demonstrate the love of Christ.
Denen Blog

Visit to Taro Again 被災地支援、田郎へ

3月12日〜14日に、田園グレースチャペルが所属する「保守バプテスト同盟」主催で、被災地ボランティアが行なわれました。教会からはケビン師、N兄、K姉の3名が参加。以下、その時の写真です。

This past March 12-14, three of us from Denen Grace cooperated with the our church group's Green Ribbon Campaign volunteer work in the tsunami affected area of Tohoku.



タイヤにチェーンをまいて、さぁ出発!と、コマーシャルのようにはいかなかった…(-"-;) ものすごく苦労してチェーンをまき、ようやく出発できたそうで、記念に(?)パチリ!


Yes, there was plenty of snow in the area and not intended for normal tires. Our "EZ on-off" chains were be no means easy. After some work we managed to get them on the tires and get on our way. Lesson learned about "spring in Tohoku."


宮古/田老地区の仮設住宅を訪問。
Taro area temporary housing areas.

保守バプテスト同盟の諸教会から13名がボランティアに参加しました。豆からひきたての、こだわりのおいしいコーヒとお菓子でカフェ♪

Thirteen of us worked together to offer the residents a "Mobile Cafe." This was a chance for them to get out of their small living quarters, mingle, talk about their experiences and challenges, and get a great cup of coffee or tea.

被災地復興の為に、継続した支援と祈りが必要です。イエス様の恵みをいただき、神様の愛のみわざがなされていきますよう、祈り続けていきましょう!

Thank for praying for us. Let's keep praying for Tohoku and ask God to bring emotional and spiritual healing.
Denen Blog

Taro Relief 被災地ボランテイアの感想#1

Kids English Bee in Taro 7/26/2011
(Scroll down for English)

神様は歴史の始めから、田老地区を愛しておられました。そして津波の被害に遭った田老地区の方々と共に、その痛みと苦fしみに泣いてくださいました。今、神様は、神の子とされた人々を通して、田老地区への愛を示しておられます。被害にあった人々と話し、食料や必要品を運び、共に祈り、人々の必要を聞き、子供達と共に遊ぶことなどを通してです。私は、神様が被災地の人々を抱きしめるために、私達をその腕として用いてくださったのだと思います。主の御業が表される為に用いられることは、本当に単純で心満たされる経験でした。

漁業を営む三陸沿岸の人々は、聖書の教える福音に対し、なかなか心を開こうとしないようです。しかし、被災地を訪れ、ボランテイア活動に励むクリスチャンの存在を通して、この方々の心に変化がもたらされていることを感じました。人々はクリスチャンのボランテイアの人々を「キリストさん」と呼びます。イエス様を名指す呼び名で呼ばれるとは何と幸いな特権でしょうか!これは初代教会の歩みの中で、アンテオケの人々がイエス様を救い主と信じる人々をどう区別して呼べば良いのか戸惑いつつ、「キリスト者―クリスチャン」と呼んだのと同じです。私の願いは、これからも多くの「キリストさん」が父なる神様の愛を示す為、田老地区、多くの被災地に出かけていくことです。続けて祈っていきましょう。-- レイバーマン・ケビン

God loved Taro before her history began. He wept alongside them in their three tsunami tragedies. He is loving Taro now through his people: talking with residents, delivering food items, offering to pray, asking about their needs, and playing with children. I like to think that we were the hug of Father God for brokenhearted people. It was so easy to do and felt great.

Fishing communities along the coast of Japan are especially resistant to the gospel message, but I sensed that Taro can change by this ongoing Christian presence. They called the volunteers "Kirisutosha." What a privilege to be identified with Christ! It is a term similar to what Antioch called early believers they couldn't make sense of. My prayer is that more "Kirisutosha" will go to towns like Taro to show the love of Father God.  -- Kevin Laverman
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...