Sidebar
Menu
Facebook  Mixi  Twitter  Blogger
AA A B
Welcome to Denen Grace
Here’s a place to belong. A caring family. The love of Christ. A friendly smile that says, “I’m glad you’re here!” We’re waiting to welcome you, too! Come visit us in 2016!    See English Site

川崎、横浜、東京の皆さん、ここにあなたの居場所があります。お互いに心にかけ、祈り、支え合う神様の家族。キリストの愛。「あなたがいてくれて嬉しい!」と迎える笑顔。私たちは、あなたが来られるのを待っています。
DGCChristmas2015NenkanAdJ
10月2日 今度の日曜日 @ 田園グレースチャペル

日曜学校
10am〜10:45sm
子どもと大人のため、スモールグループによる日曜学校があります。入門クラスもあります。
日曜礼拝
11am〜12:30pm
賛美、祈り、メッセージ:「忠実な心へ」
2サムエル15:1~23  説教者: ケビン師    先週のメッセージ
日曜日の集会は糀ホールで行ないます。どなたでも歓迎します。  案内図
どなたでも歓迎します。教会は初めてですか?Q&Aはこちらです。
Flowers and FruitsRo

人の心を新しくされる愛
だれでもキリストのうちにあるなら...すべて
が新しくなりました。2コリント5章17節

春を迎え、今年もまた、私達の身近なところで起こった奇跡を見ることができました。それは、去年の秋に葉っぱが落ち、枯れて死んでしまったかの様に見えた木、花、草などが、突然葉をつけ、芽吹き、美しい花を咲かせたことです。その変化は本当に神秘的で、感動せずにはいられません。

変えたいと願っても
「この様に私も自分を変えたい」という気持ちは、誰もが持っています。でも、自分で自分を根底から変えることは不可能です。人間にはある弱点を強めたり、ある欠点を覆ったりする程度なら、自分を直し、変える力があるかも知れません。でも、自分ではどうしても直せない問題が残っています。表面的な部分ではとりつくろえても、実は、目で見ることのできない心は、枯れたままの状態で、人間の力で、それを生きかえらせることは無理なのです。いくら頑張ってみても、結局自分の欲望に負けてしまうとか、将来のことに絶望や心配を感じるとか、死ぬことに対する恐れがあるなど、自分の力ではどうすることもできない問題で、打ちのめされています。    つづく
Got questions?

時間、場所、集会スケジュールについて、また教会について、何かご質問が
ありましたら、いつでもお気軽に、電話またはメールでご連絡ください。

詩篇23篇

1 主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。2 主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。3 主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。4 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖 、それが私の慰めです。5 私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。6 まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。詩篇23篇)
第一コリント13章

1 たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、6 不正を喜ばずに真理を喜びます。7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。8 愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(第一コリント13章)
マタイ15章

3 心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。13 あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。14 あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。15 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。16 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。(マタイ5章)
詩篇18篇

1 主 、わが力 。私は、あなたを慕います。2 主はわが巌 、わがとりで、わが救い主 、身を避けるわが岩 、わが神 。わが盾 、わが救いの角 、わがやぐら。16 主は、いと高き所から御手を伸べて私を捕え、私を大水から引き上げられた。17 主は私の強い敵と、私を憎む者とから私を救い出された。彼らは私より強かったから。18 彼らは私のわざわいの日に私に立ち向かった。だが、主は私のささえであった。19 主は私を広い所に連れ出し、私を助け出された。主が私を喜びとされたから。31 まことに、主のほかにだれが神であろうか。私たちの神を除いて、だれが岩であろうか。46 主は生きておられる。
ほむべきかな。わが岩 。あがむべきかな。わが救いの神 。(詩篇18篇)
詩篇90篇

1 主よ。あなたは代々にわたって私たちの住まいです。2 山々が生まれる前から、あなたが地と世界とを生み出す前から、まことに、とこしえからとこしえまであなたは神です。1 主は、王であられ、みいつをまとっておられます。主はまとっておられます。力を身に帯びておられます。まことに、世界は堅く建てられ、揺らぐことはありません。2 あなたの御座は、いにしえから堅く立ち、あなたは、とこしえからおられます。3 主よ。川は、声をあげました。川は、叫び声をあげました。川は、とどろく声をあげています。4 大水のとどろきにまさり、海の力強い波にもまさって、いと高き所にいます主は、力強くあられます。(詩篇90篇、93篇)
詩篇46篇

1 神はわれらの避け所 、また力 。苦しむとき、そこにある助け。2 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。3 たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。 4 川がある。その流れは、いと高き方の聖なる住まい、神の都を喜ばせる。5 神はそのまなかにいまし、その都はゆるがない。神は夜明け前にこれを助けられる。6 国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。神が御声を発せられると、地は溶けた。10 「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」11 万軍の主はわれらとともにおられる。(詩篇46篇)
詩篇103篇

2 わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何 一つ忘れるな。3 主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、4 あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、5 あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、わしのように、新しくなる。11 天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。12 東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。13 父がその子をあわれむように、主は、ご自分を恐れる者をあわれまれる。14 主は、私たちの成り立ちを知り、私たちがちりにすぎないことを心に留めておられる。(詩篇103篇)
イザヤ40章

26 目を高く上げて、だれがこれらを創造したかを見よ。この方は、その万象を数えて呼び出し、一つ一つ、その名をもって、呼ばれる。この方は精力に満ち、その力は強い。一つももれるものはない。27 なぜ言い張るのか。「私の道は主に隠れ、私の正しい訴えは、私の神に見過ごしにされている。」と。28 あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。29 疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。30 若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。31 しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。(イザヤ40章)
ピリピ4章

4 いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。5 あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。6 何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。12 私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。13 私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。(ピリピ4章)
マタイ6章

25 だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。28 野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。29 しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。30 きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。(マタイ6章から)
礼拝メッセージ
キリスト教についての質問と答え
聖書を読む
祈りの課題
私たちのホームページを友達とシェアしてください: